2017年7月 3日 (月)

■Ninja250SL その3 マフラー変更■ -Veghicle-

ヨシムラの「Slip-On R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC」に交換した。がんばって1000キロ超えもし、一ヶ月点検時に併せて作業してもらった。純正がビローンと長い煙突のようで、スリムな車体にはバランスが悪かったのと、試乗時に5000回転を超えると音がうるさかったこともあった。で、ヨシムラのHPに「低音の効いた、耳当たりの良い大人のサウンド」とあったことと見た目も良いので交換。

 お店の人が聞かせてもらえますかと言うのでパワーオン。「ドドドド」と体に響く低音。「え、大人じゃ無いぃぃ」帰ってきたのが分からないと家で言われていたが、今日からはきっと50m先から分か

Img_3235_2

るに違いない。
 発進時のトルクが15%ほどダウンした感じはするが排気特性が良くなりエンジンがよく回るのが分かる。でも、走っているとうるさい。耳栓したい。これは250なのに大型車の音になったと思うしか無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

■Ninja250SL その2 慣らし運転&燃費■ -Vegicle-

 カワサキ指定の慣らし運転第一基準800Kmをようやく終了した。土日が雨が続いたのでこまめに夜も乗った。4000回転を超えてはいけないと言うことだが、まったく役に立たないバイクとなっていた。4000回転ではほぼ60キロになるかならないか。登坂では50キロ台となる。大型は回転が低くてもそれなりのスピードとなるが、排気量が小さく単気筒ともなるとこうならざるを得ないのだろう。追い抜かれることも地味に我慢。左によって道を譲り我慢。

 200㎞ほど乗ると回転がスムーズになってきたのが分かった。で、我慢して400㎞になった。このときに、この作業は700㎞は続けなくてはと思うような「仕上がり」を感じた。800㎞が近づくと5000回転に自然に飛び込むようになってきた。滑らかさが出てきたのだろう。

 そしていよいよ800㎞を超えた。5000回転で80キロは出るので、高速もOKとなった。町乗りも5000回転まで引っ張れると、ほどほどバイクらしい走りとなる。通勤もストレスは無くなった。

第二段階は1600㎞を超えると6000回転以上解禁だ。禁断の単気筒DOHCの領域を味わえる。楽しみである。

ちなみにここまでの燃費は36㎞・・・すごい。まっ、ちょぼちょぼ走ったせいもあるが。

燃料系の最後のセグメントが点滅しても3リットル残っているようだ。Ninja250slなら、この時点で100㎞は走れることになる。メーター読みで400㎞で給油しても大丈夫ということだ。

よくわからなかったので、ここまで最後の一個のところで給油していたが、ほぼ7リットル入った。まだ4リットルも入ると言うことだ。経済的なスポーツ。

 

追伸)積丹までの往復ツーリング、周辺午後ツーリング実施後の燃費は40キロだった。カワサキのカタログ値だったかと思う。エコカー不要。

Img_3174


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

■Ninja250SL その1■ -Vegicle-

いろいろ考えて・・・どうしたことか通勤バイクは、これになった。ここにいたるまで試乗は5台。頭で考えると、もっとも良いのはZ250SLだったのに。

しかし数日たっても忘れられないのはNinja250SL。面白かった。おじさんが乗るのが、これまた面白い。生産も終了となることもあり、背中を押した。
乗り始めて思ったのは80年台に乗った不人気車MVX250Fと体格が似てることだ。車重もほぼ同じ。4stの単気筒と2stの3気筒は軽さでは同じくらいなのだとわかった。
スクーターのような気楽さ、SR400のように単気筒の軽さ、DOHC単気筒なのでよく回る。スポーツなのに、これまた単気筒だからトルクが有る。
いろいろなことができそうなバイクだ。
色は、もう選べるほど選択肢はなかったので、店にあった黒になった。特に選んでるわけではないが「黒」ばかり集まる。

Img_3092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

■ブログ再開宣言■ - Diary -

第二次ブログブームなんだそうです。事情はわかりません。

4年近く休業でしたが、Facebook等を初めてみて、ふと書きたくなって再開することにしました。
まっ、管理職で忙しかったのが暇になったし。
下記の記事のGSR750は元気です。
これからリニューアルします。まっ、つぶやいても誰も見ないかもしれないが。

Img_2994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

■GSR750購入 9■  追伸:目立たない?ーVehicleー

「春までお休み」と言いながら、書き忘れがあった。表題の通り。以外に誰にも見られなくなった。びっくりだ。CBR400RRの時は誰からも注目された。買ってからも手放すときまで。15年以上。車からは熱い目で見られたし。特にお子様からも人気。あと、バイクに興味は無いと思える女性からの視線も合った。男子は仮面ライダーが好きだし、レプリカは基本好きだろう。最後は名車になったし。そして、購入の1に写真は掲載しているが、黒い車体にピンクの文字、これはある意味今風でもあるし、ここまで「派手!!」にロゴが入っているバイクも今は無いし。古いからとかいろいろな理由があるのだろうか。
 
 方やGSR750はネイキッドで黒いし、以外にフツーに見えるのかなぁ。購入した物としてはインパクトは強いと思うのだが。出張先で預かって貰った観光協会のお兄ちゃんには「いやー、いいですねぇ。カワサキZ1000は!」って言われた。来年の春はなんか頑張りたい。購入考えている人は黒以外がいいかも。白とか青とか。

Img_0886

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

■GSR750購入8ー小ネタ編④冬季預かりと任意保険ー■ ーVehicleー

雪のシーズンが近づいてくるとバイクも冬季預かりとなる。カバーのまま雪没したこともあった。その年によって「どっと」降っても「あっ」という間に解けることもあれば根雪になることもある。ただ、幹線道路は車の往来で道路は夏状態でも、そこまでいく住宅の生活道路がシマウマ模様状態だ。雪国の人は分かるのだがバイクは雪が少しでもあると全くにっちもさっちもいかない。タイヤが回転しないのだ。おまけに横に滑って自然な横滑りタチゴケ状態に移行する。近所のバイク屋まで押して行くにも全身の筋肉総動員、汗だくの精神集中の超疲労状態になる。で、バイク屋さんのトラックに来て頂戴となる。バイク乗りとしては一日でも長く乗りたいので、この勝負の見極めが難しい。油断していて輸送困難になる。最近の都市部は暖かいので12月まで乗れるのだが判断を誤ると寂しい状態となる。今年はバイクも新品だから早めに預かりにした。数日の間にに積雪になると言うし。
 で、冬の間に任意保険をどうするかという問題がある。今のバイク屋さんにお世話になって10年以上経つが、それまでは毎回「解約」していた。で、春に一から「契約」。これで困るのが車と違って等級が毎回リセットされてしまうことだ。で、教えて貰ったのが「契約変更」。つまり全てを最小に「絞る」のだ。私で「30円」になる。これを冬季預かりした約4,5ヶ月実施する。春に受け取るときにまたもとに戻す。これが一番お得だ。
というわけで、冬季預かりしたのでGSR750ネタは春までお休み。

Img_0904

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

■GSR750購入8ー小ネタ編③ スイッチー■ ーVehicleー

GSR750を購入して困ったのがライトの消し方が分からなかったことだ。キーONで点きっぱなしになる。で、バイク屋さんに「スクーターみたいなんだけど?」って聞いたら、ハッとした顔になり、「あー、いま、法律でそうなんですけどぉ」と言われた。知らなかった。スイッチって元から無いんだ。

 15年以上昭和なバイクに乗り続けたからか。そう考えると同じ頃に買ったストリートマジックは最初から同じく点きっぱだったが、これは法令に準拠した仕様だったのか。スクーターだからかと思っていた。1998年から保安基準で義務づけられていたらしい。つまり「昼間点灯」という言葉さえ死語か。「常時点灯」ね。なんかなー。昼間点灯派だけどさ。

で、困るのがシグナルターンのスイッチ位置。親指を素直に伸ばすと「ホーン」になる。で、ホンダのタイ製バイクも反対が多いらしい。GSR750もどうなのか分からないが、しばらく乗らないでいると「プッ」とやっちゃう。

 曲がるときに前車に「プッ」。これは「早く行け」とも「おめぇ走路妨害するな」ともとられがちで社会人としていただけない。次の信号で停止すると、まともにお隣を見られない。

 先日はお店に入ろうとした車を避けようと「プッ」。そうしたら歩道の爺ちゃんが前車を睨み付けていた。おそらく車が鳴らしたと思い、「ジジィ、早く行け」ってとったんだと思う。杖ついてたし。老人虐待。こういう時もGSR750は軽やかに加速して早く立ち去れるのでした。

Img_0908


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«■GSR750購入7ー■ ーVehicleー