« ■残暑後お見舞い申し上げます■ -Diary- | トップページ | ■小樽市青少年科学館■ -Childhood- »

2007年8月18日 (土)

■なんの花が開いた■ -Flower-

恵庭市の旧島松駅遁所クラーク博士記念碑にある蓮を見に行きました。ちょうど今の時期が見ごろでよく新聞に掲載されるのですが、今年は記事が出ていないようなので出かけてみたわけです。実は今日を入れて二回目です。4日ほど前に早く帰宅したので偵察に行ってみました。すると沢山のつぼみが。開花はまだ先なんだと思って、この姿だけを撮影して帰ってきました。家に帰ってからネットで調べたところ、蓮は早朝に開花して閉じ、また昼頃に開花して夕方には閉じるんだそうです。開花はすでにしていたんです。歌にもありますよね。「ひーらいた ひーらいた・・・」って。気がつかなかった。そこで今回は早朝は無理なので、昼ごろに出かけてみました。開花とつぼみを繰り返し、3日ぐらいで散るとのことで、開いた花の形にも様々なものがありました。撮影後に駅遁所で声がするので行ってみると中は記念館になっていて、石狩に米作の基礎を築いた中山久蔵、クラーク博士、ここで昼食をとられたという明治天皇の資料が展示されていました。受付のおじさまが新たにお客さんが来ると説明を中止し受付業務に戻ると言うことを先におっしゃって、私一人に説明をしてくださいました。ところが中山翁の業績の説明ひとつ終わったところで突然再び仕事につかれました。ちょっと私の質問が鋭すぎてご機嫌を損ねたのか、あるいはマイペースな仕事ぶりなのか不明でした。Img_2799

|

« ■残暑後お見舞い申し上げます■ -Diary- | トップページ | ■小樽市青少年科学館■ -Childhood- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■なんの花が開いた■ -Flower-:

« ■残暑後お見舞い申し上げます■ -Diary- | トップページ | ■小樽市青少年科学館■ -Childhood- »