« ■市電でGo!■ -Street Scene- | トップページ | ■いつでもジンギスカン■ -Gourmet- »

2008年6月18日 (水)

■睡蓮な午後■ -Flower-

今日は天気でした。風がまだ微妙に冷たい感じはしますが6月はこんなものでしょう。雪解け早く桜の開花が早くということで温かい年なのかと思いがちですが、皆さん「寒い」って言うので多数決で「寒い」が正しいようです。着手は早かったものの結局我が家のガーデニングの状況は例年通りで進んでいます。むしろ種から育てたマリーゴールドはさっぱり大きくなりませんね。道庁の庭も桜、こぶし、ライラック、チューリップ、つつじ、ハマナスと順番に咲き終えて、今は池に睡蓮がきれいに咲いています。いつも6月は気にしていなかったんですが札幌市のHPで知りました。8月に手入れをしているので、その時期の花かと思っていました。無風だったので赤や白の花が水面に映ってきれいです。この反射の効果を考えると多少緑っぽい池の水も悪くはないなぁとも思います。その間を鴨が何匹もシンクロしていて優雅です。木々の間からこんな風景を見ていると「モネ」の描いた絵と同じ構図だなぁなんて思います。モネは光の状態を非常に大切にしたようで1時に描いたとすると毎日この時間に書き続けたそうです。結局テーマであった睡蓮を描きながら「光」を描いていたのかもしれません。私はこの睡蓮が水に反射した姿がとても好きです。白い花びらが少しトーンを落として黒っぽい水面に鏡像が映されています。そこにある「実」と「虚」が同居してある姿は互いに他を引き立てているよう気がしてどちらも美しい気がします。また水面の姿は「香り」「肉片」を廃した実の本当の姿を映しているかのような気がして、このスピリチュアルさがまたたまらないのです。突き詰めると不思議な光景です。Dsc02011

|

« ■市電でGo!■ -Street Scene- | トップページ | ■いつでもジンギスカン■ -Gourmet- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■睡蓮な午後■ -Flower-:

« ■市電でGo!■ -Street Scene- | トップページ | ■いつでもジンギスカン■ -Gourmet- »