« ■咲き始めたハマナス■ -Flower- | トップページ | ■北海道神宮例大祭@4丁目交差点■ -Street Scene- »

2008年6月15日 (日)

■アカシアの雨がやむとき■ -Flower-

今日は結局晴れの日でした。でも今は雨です。日中は晴れていても風は冷たかったそんな日。先日アカシアの花について書きましたが、花はどんどん開花して藤の花のようにずんずん垂れ下がってきています。緑の葉っぱがもう見えない。その姿はリンゴの花以上。もう少しがっちり写真に撮ると良かったんだけど何気に撮ったメモのようなスナップを掲載したくなりました。今外は雨です。「アカシアの雨がやむとき」これは西田佐知子が歌って一世を風靡した曲です。このことに触れたくなったのです。1962年のヒット曲ですが、その後70年代まで長く歌い続けられました。当時にあっても厭世的な乾いた詩とボーカルが学生運動に疲れた若者の心に響いて大流行しました。私は小さな子供でしたが、「アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい。」と「死にたい」という言葉が入る歌に当時は暗さと不可思議さを覚えていました。歌というと「明るい」というのが条件ですから。私には妹がいますが、兄弟げんかをすると母が突然この歌を歌い出すのです。「死んでしまいたい。」というところを強調して歌うので私たちは母に「ごめんなさい。」を繰り返し謝って喧嘩を止めました。なかなかな作戦です。小さいから引っかかったのでしょうが、この作戦が効くことを知った母は何かにつけてこの歌を使うようになりました。ですから「アカシア」を見ると「西田佐知子」「歌」「子供の頃」という連想になるのです。この歌の映画は朝丘ルリ子の主演で上映されたようです。見てませんが。地下街にある本屋の新書コーナーに林真理子著「RURIKO」が置かれていました。読んでみたいものです。ちなみに歌手西田佐知子はフレンドパークの司会者関口宏氏の奥様で俳優関口知宏氏の母上です。明日の御神輿は晴れてね。Dsc01897

|

« ■咲き始めたハマナス■ -Flower- | トップページ | ■北海道神宮例大祭@4丁目交差点■ -Street Scene- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■アカシアの雨がやむとき■ -Flower-:

« ■咲き始めたハマナス■ -Flower- | トップページ | ■北海道神宮例大祭@4丁目交差点■ -Street Scene- »