« ■二輪散歩 to 小樽■ -Diary- | トップページ | ■借り入れの頃■ -Street Scene- »

2008年9月22日 (月)

■秋、北の花たち 1■ -Flower-

車をふと止めたら草むらに一本、咲いたばかりの「オオハンゴンソウ」がありました。良く見るとその上にトンボが一匹。持っていたカメラで取りましたが、目線がこっちに来てました。この黄色い花は夏の花でも紹介しましたが、北国では7月から9月まで咲くようで、一時の勢いはないですが群生することなく咲き続けているようです。北米原産の帰化植物らしく、外来生物法では第二次指定種になっていて駆除の対象です。在来種を駆逐するほどの繁殖力があるとか。ですから見たら「きれい」ではなくて「ブチッ」と根元から引っこ抜かなくてはいけないようです。今年は八月が涼しかったのでトンボの飛来がいつもより早かったのですが、九月が暑くてまた引っ込んじゃいました。今朝方に家の門のところでも見たので、今度はいつもより長く飛び回っているように思います。環境の変化で昆虫の世界はいろいろ異変があるようで、今年は蝉が鳴きませんでした。幼虫は数年前に活性化するので、その時の寒冷な夏が今年に影響したようです。この他にはアメンボがいなくなりました。これは自然の湖沼の界面活性力が上がっちゃって水面を歩けなくなったのが原因のようです。洗剤とかの影響とか。花も虫も大変だ。Img_4618

|

« ■二輪散歩 to 小樽■ -Diary- | トップページ | ■借り入れの頃■ -Street Scene- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■秋、北の花たち 1■ -Flower-:

« ■二輪散歩 to 小樽■ -Diary- | トップページ | ■借り入れの頃■ -Street Scene- »