« ■MacBook Air 11.6 への道 その1■ -Computer- | トップページ | ■不確かな秋■ -Street Scene- »

2010年10月24日 (日)

■MacBook Air 11.6 への道 その2■ -Computer-

というわけで中三日というスピード、本日、日曜日の早朝にMacBookAir11.6は到着した。出してみた感想は、「以外にでかい」「以外に重い」であった。大きさは葉書と比べて欲しい。これは見た目がとても薄いのでいずれも錯覚なのだと思う。1キロちょっとはノートとしては圧倒的に軽い。が、この薄さとアルミという先入観をもってするとずっしりとした手応えがある。他のネットブックの方が軽く感じる。で、以外にでかい。銀一色っていうのも「引き延ばして広げた」という感じがするのだろう。黒だと小さく見えるのかもしれない。早速、ATOKを入れることにした。この時点で64GのSSDは48.58Gだった。みなさん気になるところだろう。で、記憶領域も欲しいので、この他のインストールはiWorkのみにしてOfficeはやめた。「持ち歩き」を中心にするならこれで十分。インストールは最初にLet’s noteの外付けPanasonicのCD/DVDを接続したが、MacBook Proでは動作するのにAirではうまくいかなかった。で、同じWi-Fi環境で使用できるMacの共有機能を使うことにした。MBPの方で環境設定、共有でCD/DVDにチェックを入れ、AirはFinderのサイドバーからデバイスを選ぶと自分のMBPが表示されるので、「依頼」をクリックするとMBPに入れたCDがAirに表示される。あとはAirにマウントされたごとくに利用できる。これを何回か行ってインストール終了。現在の空き領域は46.92Gだ。おそらく40G程度の領域を残して使うことになると思う。使用感は、キーストロークが浅いこと。薄いからしょうがないでしょ。エレベーターのボタンに似ている。この他の当然付随する「小さい」「狭い」などのネガティブな要素は、昨今でかくなったノートをお使いの方々のお言葉であって、PowerBook Duo280c、PowerBook150、PowerBookG3などを使ってきた私にとっては「懐かしい」というか、それ以上のキータッチやディスプレイの美しさだ。液晶はガラスがないようだが、所有していたノートはもともとこうだから「何?」って感じだ。早速リュックに入れ、スクーターでTully’sまで出かけてみた。リュックに入れるときは「なんで俺は厚手の鉄板持ってくんだ?」てな感じで、妙に重さが気になる。で、コーヒー飲みつつWi-Fiしながらこの文を打ってみた。一時間ばかりそんな状態で使ってバッテリーは87%になった。公称×6割だから3時間ちょいは持つだろう。時間切れを気にせずに使える感じでモバイルとしては十分かも。エネループのようなものがあれば出張には問題なしだ。とにかくAirが無言で仕事をしてくれるので驚く。SSDというのはそういうものなのだと分かった。今回驚いたのはAirに関してよりもMacは2台以上で使うと面白いということだ。これはまた次回。今回は速攻のインプレッションのみ。
<訂正>その後、夜にPanasonic LF-P968C(Let's noteのDVD Multi Recorder)を使ってインストールをしてみたが、ドライバーも入れていないのに上手く動作した。この手の外部DVD,CDは以外に他社製でもバスパワーで動作するのかもしれない。DVDを見られるかは後日。Snc00090


|

« ■MacBook Air 11.6 への道 その1■ -Computer- | トップページ | ■不確かな秋■ -Street Scene- »

コメント

初めまして。
私もairの購入を検討しています。
ただ、どうしても一太郎が使いたいのですが、
airでもwindowsと同じように動くでしょうか?
そこだけが気になっていまして。。。
ATOKだけではなく、一太郎をインストールしたいのです。
突然でもうしわけないですが、
よろしければ、教えてくださいm(_ _)m

投稿: mariko | 2010年10月29日 (金) 10:28

そうですねぇ。根本的に一太郎のMac版はありませんから、まずはBootCampとかでAirにWindows7をインストールせにゃなりません。これにマネーが1.5万円弱、さらに一太郎のインストール。ダウンロード販売でATOk抱き合わせを購入して8000円くらい。で、SSDは48G中併せて10Gくらい使うから、11.6インチのAirにWindows入れて使う人はあまりいないかもしれないけど、まっ、なんとかなると思いますよ。CPUもCorei3じゃないとか言ってるけど、Core2Duoも1,2年前は立派な最先端CPUですから十分でしょ。ただ、もう少し待てばSonyとか東芝でAirより薄くて軽いおしゃれなWindowsネットブックを出しますよ。きっと。Macのネットブックが欲しいという私みたいな人がAirのちっさいやつを買っているので一太郎やWordは使わなくてもいいやって思っているかもぉ。お役に立ちましたか?ちなみに私も一太郎は好きですよ。windowsでは一太郎使っています。

投稿: 散歩店長 | 2010年10月30日 (土) 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■MacBook Air 11.6 への道 その2■ -Computer-:

« ■MacBook Air 11.6 への道 その1■ -Computer- | トップページ | ■不確かな秋■ -Street Scene- »