« 2012年5月 | トップページ | 2013年9月 »

2012年8月31日 (金)

■BlackBerry9900のバッテリー問題&パケット問題■ -Computer-

SC01Bは破格な携帯だった。毎月2,200円程度。パケホーダイダブルで最低の390円維持だった。ネット接続はWiFi基本。ちょっと調べた程度だったがBlackBerryも同様に維持できそうなので、機種分割料上乗せ程度だろうと思って購入に踏み切った。が・・・一ヶ月後にはその三倍の6,600円にもなってしまった。(機種代1,400円込み)
 さらに立ちはだかったのがバッテリー減少。夕方には30%になってしまう。通話もままならない。バッテリーも薄すぎる。iPhoneは同じ時間でも70%以上。

で、改善の研究が始まった。バッテリー問題とパケット問題は実は微妙にかぶっていた。皆さんやっているように「セットアップ→オプション→デバイス→バッテリー節約モード」でバッテリーは常時観察してみた。パケット料金は毎日ドコモの「my docomo」でチェック。で、毎日いろいろやっての結論。WiFiは常時にして、家と職場は無線通信基本。
「セットアップ→オプション→デバイス→詳細システム設定→BlackBerry Device Analyzer ※2→バッテリーテスト→バッテリーの消耗が早すぎる→バッテリーの消耗傾向を表示→詳細」という深い階層をたどると、「CPU時間が最も長いモジュール」一覧が表示される。で、断トツなアプリはなんと「BlackBerry App World」だった。どうもバックグラウンドで購入したアプリがデータ通信をしたりアップデータを探している?かしているのだろう。で、
① 思い切って購入アプリ全削除(たいしたものは無い。デフォルトで十分)
② 思い切って「BlackBerry App World」も削除(困ったらPCブラウザでダウンロード)

結果・・・気持ちバッテリーは持つようになった。で、さらに日々パケット料金を追うと料金が数百円もかかる日があった。何したか考えてみると、どうやら「docomo」のアプリを開くとこうなるようだった。ネットの噂でも3G接続するというし。「ドコモブラックベリーサイト」「docomo service portal」のふたつ。ところがこれは削除できないようになっている。
③ ドコモのアプリには触らない

ここまでやると日々パケット料金は50円前後とかになった。でも一月経つと最低料金を超えてしまう。パケホーダイダブル2にしようかと悩んだが、完璧主義の私はさらに追求。何したか反省。「あっ、検索。」電話をかけるためにキーで名前を押すと「Bing」などでWeb検索をして名前を出してくる。これを止めさせる。「セットアップ→オプション→デバイス→検索」を選ぶと「Web上の候補を表示」がある。デフォルトでチェックになっているがこれを外す。
④ Web検索にしない

この他、FaceBook,、Google sync、Google系アプリ、mixi、Twitter等のバックグラウンドで通信、3G接続優先するソフトには触らない・・・。
⑤ FaceBook、Twitter等は他のデバイスで実施

さて、こんなことをするとBlackBerryらしさからどんどん遠のくのだが、高級なキーボード使って「SPモードする」「通話する」と使い方を焦点化するのだ。すると、

  おめでとう
パケット料金「0円」の毎日になりました。おまけに友人と4,5回メールのやりとりしましたが、以外とパケット料ってかからないんですね。「4円」くらい。

というわけでバッテリー減少も少しはましになったが、でも毎日充電は変わらなかった。そこで私は割り切った。
「これは家電の子機を持ち歩いているのだ。」と。つまり子機は充電台にいつもあるではないか。というわけで
その1)職場にあってはPCのUSB電力供給で繫いでおく(随時)
その2)外勤では車のシガーライターUSBで充電(会議が長くなりそうなら)
その3)家に帰ったら充電ポッドに置く(SEIDIOの一部のカバーつけたままでも充電できるポッドを購入)
その4)寝るときは純正充電器にUSBで繫いでベッドサイドモードで就寝

てなことを行うと普通に使うときはほぼ100%維持できるようになった。※1

というわけでバッテリー問題とパケット問題は解決したのであった。
まっ、ふつーの縦型携帯になったが。私は満足。

※1)その後、デフォルトでONとなっているGPSのチェックを外すと極端にバッテリーは持つことがわかった。これにつきる。「オプション→デバイス→位置測定→位置情報サービス」これを「位置情報オフ」にする。これで夕方でも90%近くは維持できる。iPhone並みになる。(iPhoneはGPSを入れっぱなしでも同じ状態)

※2)BlackBerry Device Analyzerはバージョンアップに伴い隠しコマンドになっている。上記リンクを参照して表示させる必要がある。

Img_4713

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

■IMAXで「ダークナイト ライジング」■ ーMovieー

iMAXシアターで見ました。初めて。チケット売り場のお兄さんが「前席の方が効果が体感できます。」って言うのでその通りにしてみた。スクリーンはビル3階分くらいで確かに視界いっぱいに広がってる。しかぁし、目の前でなんか動くのだが確認が出来ない。遠目だと右から左に僅かな視線移動で追いつつメカの細部もチェックできるのだが、左右に動かれると眼球を目一杯振らないとならず、かつあっという間に通り過ぎるのでなんだったか良くわからなかった。全てが漠然とした体感のみであった。まぁ、音は低音がズシズシ響き、マシンガン打ちっ放しの室内シーンなどは恐ろしいほどだったが。また新メカ飛行機「バッド」も相当乗り心地が悪いって言うのも体感できる。
 本編は職場の人に1,2作を見てないと分からないそうだけど?って聞かれたけど、恋人が何時死んだんだーと思ってみていた私は前作をすっかり忘れていたので、見てないよりはいいかという程度です。十分に楽しめる。まぁとにかくリアルです。ゲームで鍛えられた世代はこう言うのじゃないと駄目なんでしょうね。あれだけリアルだと思ったティム・バートンの「バットマン」も緩く思える。ただ、メカも現実的だけど逆に漫画の持つ「ロマン」にかけますね。そういうわけでバットマンとベインの戦いはK1のような素手による殴り合いで面白み無く、普通の人だけど「超人」って表現が「頭良くてタフ」ぐらいにしか思えなかった。3時間は十分に面白く映像もすごくて良いのだけど、テーマが暗いから見終わった後に、心は「ダークナイト」なんですっきり感は無し。
 ちなみにオバマ大統領が言ったように映画ではアン・ハサウェイが秀逸で、あんたどうしたのってくらいの脱皮です。「ドラゴンタトゥーの女」ルーニー・マーラーもがんばったけど、あそこまで変身しなくても女優のキャラは変えられるって良い見本に思えました。キャットウーマンが借り受けたバイクは転倒防止メカが付いていてなかなか良かった。あれが欲しい。ちなみにリスベットことルーニーもバイクを乗りこなしていたのですが、ヒロインを際立たせるのは「バイク」なんですかね。まぁ、旧作に出てたバットガールはバイク乗りだからロビンとあわせて次回作への伏線かな。日本ではガッチャマンのジュンがバイク乗りです。Img_0114


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

■「プロメテウス」の先行上映見ました■ -Movie-

久々に映画館で映画を見ました。で、先行上映っていうやつで9時近くから本編を見て終了は11時近く。2時間ちょっとなのでバットマンに比べたら短い。やはりテンポはすこぶる良くて・・・途中どうして会話させるのか分からないシーンも散見するが、あっという間に見終わります。NHK朝の連ドラ前半放送分紹介の編集並みです。とにかく俳優は「ノオミ・ラパス」「シャーリーズ・セロン」アンドロイドの「マイケル・ファイスベンダー」しか覚えてない。この3人が個々に強烈。とにもかくにもスウェーデン版「ドラゴンタトゥーの女」主役のノオミさんが同様にすごくて、見終わるとドキュメント見てた感があるのです。短期間で英語を独学にて流暢に話せるようになったと言うし凄い人です。
 「エイリアン」は父の仕事の関係で当時まったく話題にも何にもならないうちに相当早くに業界の試写会で見たのですが、こんな凄い映画がどうして知られてないのって思ったものです。「プロメテウス」は同じ監督のせいなのかなんなのか、この一作目と話の運びは同じ。星に行き、乗り物を探査し、感染して・・・逃げようとしたら・・・。まっ、前日譚なので、いろんな疑問点のご紹介は、ああそうだったのかってなことは分かりました。ご親切にどうもという感じですが一作目から30年経って、いろいろ見ているうちに今回のような筋はだいたいそうなんだろうなってもう分かってました。
 最後まで納得いかなかったのはエイリアンのノストロモ号の方が後なのにプロメテウス号より電子機器が古いとか宇宙服がださいってことですかね。まぁ、学術船と輸送船の違いって事で納めておきます。ちなみに今回出てきたエイリアンはどうも大映映画ガメラと戦う宇宙怪獣に似ていてイマイチでした。
 80年後の話で、こういう宇宙船って出来てんだーって思ったけど、子どもの頃にはアトムはとっくにいるはずだが、未だにアシモなんでここも2時間ずっと納得できませんでした。以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

■BlackBerry9900にしてみた■ -Computer-

SC01Bは問題なく使用していたのだがWindowsMobileのアップデート終了やアプリマーケットの閉鎖に伴って、機器使用のモチベーションも下がってきた。そうなるとキーが堅いことや作りの安さも目立ってきて機種交換したくなってきた。iPhoneもいまいち使いこなしていないので、いっそのことお仕事用はガラケーこと普通の携帯に戻すとiOSの使用も高まるかなとも考えた。
 まっ、ところがいざ触ってみると「時代遅れ」「頼りない」と感じてしまうのはキャリアの罠か。使う目的や機能を考えるとジャパンな携帯も十分なスペックと作りなのだが。ブームと流行は不思議な力がある。というわけで全画面操作のAndroidをもう一台とする気も無いのでキーボード好きの私の選択はBlackBerryとなった。タッチ操作のできる9900。この一、二年月々の使用料は驚くほど下がった。感じとしてはSC01Bに新機種分割料金をプラスしたぐらいだ。で近所のdocomoで話を聞いたところいつの間にか「予約」になったらしく、一週間後にはユーザーになっていた。
 
 作りは本当に素晴らしい。高級文具の佇まい。iPhoneがただの板チョコに見える。すぐにビックカメラにケースを求めに行ったが、少数派の悲しさでレジカウンターに数種類しかなく、仕様が無いので少し大きめのものを買ってきた。ちょっと洗練度は下がった。ただし、さすがに世界中のユーザーに鍛えられただけあってキーのタッチや操作性は文句なし。iPhoneに比べると各種設定が複雑なのが腑に落ちないが政府高官が使うにはこのくらいの気むずかしさがないといけないのだろう。音質も良く、電話としての機能も秀逸。SPモードも使える。
 しかし、とんでもないのがバッテリーの保ち具合である。iPhone3GS以下。一日使って毎日充電。夜には瀕死の状態だ。SC01Bが最高な保ち具合で週に一回って言っても良いほどだったのに酷すぎる。まぁ私もパケホーダイは依然として「シンプル」だ。家でも職場でもWi-Fi基本にしている。どうもこのネットワークに消費する電力が大きいようだ。あと、隠れ通信もあるようでパケット料金はかからないまでも電池の威力はどんどん下がるばかり。ハイブリッドな世の中なのにこいつは早期解決して欲しいものだ。ちなみにネットでいろいろ情報を集めてやりくりまくっているが、これにも限界はある次第。

Img_0142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2013年9月 »