2012年5月 4日 (金)

■絶滅種「札幌ラーメン」を探せ■ その1

ブログを更新しないこと5ヶ月となった。帰宅は8時過ぎとなり、フリータイムが始まるのは9時以降、で、早朝出勤なので10時半には寝る。フリータイムもネットや読書、ベッドに入ってからビデオ視聴などして終わるので「更新」は不可能である。だいたい疲れているから創造力が低下しているのでやる気は起きない。てなわけで半年近くの休眠状態となった。だいたい土日もいろいろあるので写真もiPhone以外では撮らない。カメラも埃をかぶっている。比喩ではなく事実埃だ。まいった。

ぐちっても仕様がないので連休を利用して書きたくなったのが、標記の件である。きっかけは、ふとラーメンが食べたくなり、何処に行こうかと思ったけどオリジナルなサッポロラーメンを食べたいと思ったことだ。で、何処に行ったらよいのか。まぁ、札幌では有名な「味の時計台」に行きましょうかと思い。メニューを見て驚いた。「醤油・味噌・塩」いずれにも札幌ラーメン基本の「もやしたっぷり乗っけ」が無い。そこで野菜ラーメンを注文する。が、これはなんじゃろ。回鍋肉がのっかてる様な「中華風」だ。とても不安になった。最近、札幌にはラーメン屋も増えたが、大筋は私から言わせると亜流だ。子どもの頃は何処に行っても味や盛りつけが違っても、上手い不味いはあっても、店はいろいろあっても「札幌ラーメン」の基本はみんな同じだった。

札幌ラーメンの基本
①店主が注文を聞いてから、どぼっと麺を沸騰した寸胴にぶちこむ
②その間に大鍋で袋半分程度のもやしをじゃっじゃか炒める
③助手もしくは奥様が丼に「醤油、味噌、塩」などのベースを入れる
④もやしの調理が終了すると、ここに寸胴よりスープを注ぐ
⑤このスープをベース入り丼に空ける
⑥茹で上がった麺を激しく湯切りして丼に入れる
 ※店主は味の違った丼同士でも気にせずに麺をつまんで量を調整してつまんで入れる
⑦大鍋のもやしを取り分けて載せる。
 ※麺は見えなくなるので現在のように菜箸で均すようなことはしない
⑧こののちチャーシュー、メンマを乗せる
⑨多少スープはあふれ気味でもこぼれても客の前に出す

で、②、④、⑦が欠けているというか、この行程が無い店がほとんどだ。
私から言わせてもらうと麺の上にチャーシューやメンマ、その他をぱらぱらとトッピングするのは「東京ラーメン」である。ニンニクが効いていてこってりしてりゃ「札幌ラーメン」かと言えばそりゃ違っている。というわけで、私は元祖「札幌ラーメン」を探すことにした。

Img_0037
ちなみにこれは判定外です。チャーシュー立派すぎ、もやし無くタマネギなど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

■食事と土産 北竜町、旭川ツーリング■ ーGourmetー

私の場合、旅行しても「食事」と「土産」は外すという宿命を持っている。これに気がついたのが高校生の時で、修学旅行で母への土産に京都で「博多人形」を買ってきてしまった。見かけが白くて美しかったのだがお店の人も言ってくれると良かったのに。こういう塩梅で旅先では有名な物はほとんど購入できずに的外れな物を買ってくる。さらに現地の上手い物はほとんど食べずにごく普通の食事をして帰ってきてしまう。アメリカに行ってもラーメン食べたり、良くてキングバーガーだった。そんな私の強い味方が「iPhone + 食べログ + GooleMap」の組み合わせだ。別に「食べログ」でなくてもネットで検索すると有名店がヒットする。で、下の方にあるマップをクリックするとGoogleMapが開き、さらにうれしいことにそこまでの道筋や経路を示してくれるので、あとはGPS様の連れてくださるとおりに行けばよいのだ。今回はこの機能を使わなかったので、旭川と言えば「旭川ラーメン」という超ミーハー発想でいつも通りの場所に行った。コンサバな私は有名店の「天金」「梅光軒」しか思いつかなかったのだが、札幌の「ラーメン共和国」や支店であるようなお店は入らないようにしようと考えたので、その他の6店から選ぶことにした。とりあえず混んでいるところは美味いか有名かと考え、中を覗きながら一周してみた。やはり梅光軒は並んでいたが、先に書いたように「外す」私の性癖を考慮し、今回は気も短いくせに「並んで」みることにした。「並ぶ」のと「混む」のは大嫌いである。まっ、せっかく来たので10番目になってみた。暑い。しばし待つと客もどんどん出て行き、カウンターに座ることになった。せっかく来たので上位の「チャーシュー麺」を食すことにした。写真のがそれであるが、メニューと違って3枚のチャーシューは沈没しており、セレブな食事なのにただの醤油ラーメンに見え、プライドが傷ついた。確かに旭川ラーメンは山と海の出会いで出来ており、豚骨&ラードに煮干し系の魚だしのコンビネーション・スープである。麺も札幌ラーメンとははっきり違う。ちなみに最近の札幌ラーメンは出汁にこっている店が増えて、旭川系のものが多くなってきているようだ。在来種の「サッポロラーメン」を探し出すのは非常に困難となっている。昨年の胆石手術以来、ラーメンとのおつきあいがぐんと減ったので、脂っこい中にも魚だしで妙にあっさりしているような旨さのラーメンでスープもかなり飲んでしまった。心の中で通院している院長の顔が浮かぶ。で、エアコンの効いた店内にもう少しいたかったのだが美術館にも行きたかったので早々に店は出ることにした。すると厨房にいて難し顔をしていた女の子がエレガントな声で「ありがとうございました。」と一言声をかけてくれた。忙しさが続いたろうに、そしてせっせと仕事をしていたのに客はちゃんと見ていたんだなとか、客を大事にしているなとか・・・その声の響きで分かった。ここで私は「青葉」に座布団5枚進呈したくなり、好感度はさらにアップした。コンビニの機械的声かけとは違ったのが良かった。並んで良かったと思った。続いて旭川のかりんとう屋「北かり」本店に行ってソフトを食べて、土産にかりんとうを5袋ほど買った。ここでも女性店主の声かけが素晴らしく感動し、旭川にしかないかりんとうを買って帰れる満足も併せてほくほくで店を出た。その後美術館に寄って高速で札幌に向かった。しかし、帰る途中の砂川PAに「北かり」のかりんとうが沢山ディスプレィされていて嫌な予感がした。帰宅すると妹が遊びに来ていて「北かり」は札幌に支店が何店もあり、先日私も貰って食べたと言うことが分かった。私の土産は一気にセレブから転落してしまった。そしていつも通りやっちまった事実を突きつけられた。袋の「旭川」という文字だけが愛おしかった。

Img_0305

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

■函館のソフト 函館往復編2■ ーGourmetー

結果570キロ走ったが、今回はあまり遅くならないように帰りたいという思いから函館は二カ所しか行かなかった。ラッキーピエロと金森倉庫だ。函館の美術館には行かなかった。ロングドライブが目的だったので滞在時間は2時間程度。この中で一応、ソフトクリーム研究家として2カ所味わってみた。一カ所目は森町赤井川あたりだったろうかブログで以前読んだ「ピカタの森 アイス工房」である。ソフトクリームはバニラの場合、大きく分けて3種類に分類される。「クリーム」「牛乳」「キャラメル」各風味である。で、こちらのお店は「牛乳」タイプ。これは好みの分かれるところで、販売のお姉さんの中には「牛乳ベースですけど。」って聞く人もいるから、「ソフトじゃない。」という人もいるのだろう。私もこのカテゴリーは一口食べた瞬間「なんだ。」と思い、最後まで食べる自信のない物もある。こちらのソフトは「牛乳」と「クリーム」の中間ぽいので好きな人も多いと思う。で、続いて隠れた人気商品、ラッキーピエロのソフトクリーム。アイス工房から程なく行ったところの森町赤井川店にはソフトのデコレーションが店先にかなり飾られていた。お店も車でいっぱいだった。私はだいたい五稜郭店で食べるのだが、店内はいつも満員なのに数台しか止められない駐車場は常に入ることが出来てきている。この店はご当地ハンバーガー第一位に輝くお店だが、特に「これ」という売りのハンバーガーは無く、店員に聞いても「これ」とは言わない。全てがお薦めのようだ。で、いつも第二位の「ラッキーエッグバーガー」にしている。私はどうもコンサバで「酢豚」「ホタテ」には触手が伸びない。ハンバーガーショップと思ったら他にもスパゲティやカレー、オムライスまである。うーん、なんだかわからない。なんかアメリカンなデリーって感じだ。最後にソフトを食べた。スタッフさんに声かけすると持ってきてくれた。あっ、ちなみにお店の人たちの接客は抜群によろしい。商品のコストパフォーマンスも高いが、混んでいるファーストフード店にしては凍り付いた笑いでない親切な対応のあるお店だ。で、くだんのソフトであるが220円という安さで「クリーム」カテゴリーであった。やや味はあっさりより。しかし、うれしかったのは「コーン」のお味である。これは私が子どもの頃食べていた昭和な時代のソフトのコーン味であった。平成になるとワッフルも出てきたが、コーンのお味はいわゆるコンビニに売ってるアイスボックスのコチコチソフトのあの味が多くなった。ソフト評論家としては別な世界が広がった。で、混んでいたので今回は待ち時間も含めてここで1時間も過ごしてしまった。まっ、良い休憩にはなった。

Dscn0316

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

■ラベンダーソフトとソフトランキング■ ーGourmetー

ラベンダーを見に毎年恒例の富良野参りに行ってきた。やはり心なしか外国の方々が少ないような気がした。また、いつもより花の開花が早かったようで、紫色が落ち始めていた。さて、富良野に行ったならやはりこれを食べなくてはなるまい。「ラベンダー」ソフトである。ちなみに足を運んだファーム富田は、いろいろなものがラベンダーカラーで、職員のTシャツやらグッズをはじめ土産物ももちろんこの色ばかりだ。さらに香り付けもこの匂いとなっている。スクーターまで紫だった。で、件のアイスであるが、ラベンダーの香りを鼻に近づけてソフトクリームを食べた味である。まっ、乳製品としての味は悪くないのでこれはこれで番外編ではあるが上手い方かもしれない。というわけで、ソフトクリーム研究家の私としては、実は第一位は以前もブログで書いたが、「北菓楼(きたかろう)」である。現在のところ不動。濃密で、持った瞬間から重さが違うことに気がつく。甘さもほどよくミルクの旨味を存分に引き出している。今回は砂川の本店で食べてみたが、小樽の運河通りの店と同じ味だった。店ごとにぶれていないので感心だ。第二は小樽の保証牛乳ミルクランド、第三位が月寒の八紘学園内ストア、以下ドングリの背比べ。番外が標記の富良野ラベンダーソフト、それと北竜町ひまわりソフトってなところだろう。今のところ最下位は・・・東京の某名所のソフトであった。見た目ソフトに似た冷たい別物だった。北海道人から言わせてもらうと「甘い粘土」ってな感じ。これで喜んでいるなら、北海道に旅行に来たらスーパーや近所の公園のソフトもうまいと思えるだろう。さて、さらなる研究は続く。


Img_4677_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

■今年もクリスマスケーキ■ -Gourmet-

さてついに24日が来ました。今年はなんだか忙しくて、顔を上げたらもう真っ暗です。それでも毎年。ケーキとチキンは欠かさないようにしているので急いで買い物に向かいました。去年は大通で買い物してゆったりしていたなぁと思ったら、日曜が天皇誕生日で振り替え休日だったのですね。遅くなったので、とりあえず近所のセンターモールに行きました。ここは1階に小樽「館」が入っているので、先日からチェックしていたケーキを購入することにしました。最も小さい5号です。最初ショーケースには無かったんだけど、有無を聞くと「今、冷蔵庫に取りに行っています。」というお返事。クリスマスケーキはだいたい事前に作り置いていて、冷やして当日を待つものとは知っていますが、どこか自分の購入するものは「出来たてである。」と信じたい。ですから衝撃の事実を突きつけられたような気もしましたが、今年は「館」と決めていたので、他の買い物の後で取りに来ることにしました。で、待つ間に大きさと他のショートケーキを比較し、値段との「比」を計算すると、どうも比率がおかしい。これは何処の店でも言えますが、今回の5号はショートケーキ約5個分の体積くらい。で、ケーキ1個が350円としてクリスマスケーキは350×5=1750円。です。今回は3400円。おっと約2倍ではないですか。だいたいクリスマスケーキは小さくても世間一般3000円は超えている。しかも「具」も少ないのに不思議。きっとサンタさんとかチョコ、ヒイラギのイミテーション、堅牢な箱が高いのでしょう。うん、そうに違いない。と自分に言い聞かせて、暖かい部屋でクリームの輪郭がやや丸くなったケーキを食べたのでした。Merry Christmas。Dsc03087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

■クリスマスケーキ下調べ■ -Gourmet-

今年の冬は安定していなくて日中に10度にもなったかと思うと今日は終日マイナスです。雪も気温が低いときは粉雪ですから、砂糖を振りかけたような景色となりました。風邪で軽い腹痛でしたが午後には少し楽になったので、思い切って昨日開店したジュンク堂に行ってみました。まだ店内が新しいので建築物や新書のインクの匂いなどで化学物質を放散しまくりです。感心したのはいろいろな分類方法で本が書架に収められているので、店内を歩いているうちに自分の嗜好では出会わないような本と巡り会わせてくれることです。ある意味、本のテーマパークのようなので、この整理されたジャングルに年末年始に時間をかけて冒険に来ようかと思いました。1階のレジは東京の本店のように列が出来ていました。さて、「きのとや」で今月のケーキ「いちごショート」を食べてきました。外にはクリスマスケーキの仮設販売コーナーが既に設置されており、近づいてきたなぁという感じです。デパートに行くたびに洋菓子コーナーのディスプレイを見ていますが、各店舗とも個性をだしてそれぞれ形が違うモンですねぇ。でも、平常のデコレーションケーキより高いのはなぜかなぁ。昔、バイトの帰りに不二家で山積みしたクリスマスケーキを買って帰ったけど、安かったなぁ。最近は小さくて高い。各国ともケーキは食べるようですが、薪のような「ブッシュ・ド・ノエル」とか洋酒につけた果実の入った「プディング」等で、日本のようにバラエティに富んではいないようです。昔はバラの花とかゼリーのヒイラギ、銀色のつぶつぶが定番で、箱も硬くてすっぽりかぶせられていました。その大きな上蓋を持ち上げて、まず最初に天井のクリームをなめるのが楽しかった。去年から予約を止めていきあたりばったりで買うようにしたんだけど、今年はどこのケーキを買おうかな。Dsc03083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

■クリスマスとリンゴ■ -Gourmet-

弘前の友人からリンゴが届きました。箱を開けると真っ赤な色に緑のシート。まさにクリスマスです。クリスマスにリンゴというのは定番ですが、ドイツでもみの木に吊したのがもともとのようですね。創世記にはアダムが食べた木の実が何であるかは書いていないようで、これがリンゴになったとか。リンゴの木は冬には葉っぱが落ちるのでもみの木に飾るようになったんだそうです。それであちこちに真っ赤な実が吊されたツリーを見かけるのですね。今回いただいたのは「ふじ」と黄緑色の「王林」です。昔は「デリシャス」っていうのがあって、これが一番甘みがあっておいしかったのを覚えています。ほとんどが酸っぱい味で、子供にはなかなか手強いものでした。その後、生産者の努力と研究でいろいろな掛け合わせがあり、現在のように種類も豊富で美味しいリンゴが沢山生まれました。以前テレビで、外国にいって日本のリンゴを食べさせるという番組がありました。最高級のリンゴばかりでしたが、意外な結果に驚きました。「甘い、これはリンゴじゃない。」とか「酸味がなさ過ぎ」というのです。どうやら海外では「すっぱい」というのが抜き差しならないリンゴの味の条件のようです。こんなにおいしいのに味の文化はいろいろですね。昔は「インドリンゴ」」というのもありました。札幌でも売れなくなって木を調整したのですが、現在南区の農家に一本木が残っているようです。古いタイプのリンゴはもう味わえなくなっているようです。ちなみにニュートンのリンゴは酸っぱいもので「あさひ」がこれにあたるようです。これをもとにしたアップル社のマークはどうやら酸っぱい味のようです。社風とはイメージが違いますね。Dsc03077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

■クリスマスのお菓子:シュトーレン■ -Gourmet-

クリスマスのお菓子の中に「シュトーレン」という物があることを昨年知りました。で、去年も結構探したんです。それは見つからないんじゃなくて「高い」から安いのを捜索したのです。うちの近所にある札幌で有名な洋菓子店「きのとや」では今年も豪華な木箱に入って3000円ちょい。個数限定販売。見た目も立派、でも少し大きめ。この価格の菓子の購入はちょっと迷いました。もう少しリーズナブルなのないかなぁと思い、デパ地下などをさらに捜索しました。ドイツ菓子の有名店では2000円台で売っていましたが、今度は小さい。コストパフォーマンスが良くない。他の店で見てもだいたい同じ。このアドベント期間に食べるという日持ちのするお菓子は、木箱に入っていたり、限定だったり、価格の割には小さかったり、なにやらお高くとまっているようです。どうしてかは不明。去年はそうこうしているうちにイブが来て購入をあきらめました。今年は再挑戦と思い、「きのとや」のにするかなぁと思っていたら新聞のチラシに目がとまりました。小樽の老舗洋菓子店「館」。見た目も細長くないのに1200円ちょっと。あら、庶民の味方。予約が必要と言うことで10日前ほどに電話で頼みました。本日アリオ店にて受け取り。夜になって開けてみたら、そこそこの大きさ。小学校の時の給食のパンを一回り大きくしたくらい。薄く切ってちょびちょび食べるようです。なんでもキリスト誕生の時の着ぐるみを模し、その姿をたとえているとか。うーん、食べるのは罪深い、いや、聖なるお菓子と考えるべきか。ケーキと言うより甘く硬いパンに似ている。中には洋酒漬けのレーズンやらごまやら。そして粉砂糖がまぶされているのです。上品なお味。でも、どうして高いのかはわかりませんでした。ただアルコール駄目な私は2切れで限界。不二家のパウンドケーキの方がコンセプトは似ているが菓子っぽいような。ただ、文化もないのにこういうの買って食べるのは、節分の時に海苔巻き食べる「まるかぶり」に似たり。Dsc03068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

■朝はパン食■ -Gourmet-

朝に家を出たらあまりの風の強さに体が浮きあがりそうになりました。雨も降っているし、久しぶりの悪天候。今年は大雨も風の強い日も少なかったので結構こういう日も面白い。依然として札幌は温かい毎日です。日中も18度で夜も18度。不思議な毎日。さて、最近は朝食のフランスパンを止めて角食に戻しています。ただし5枚切り。少し厚めのやつです。スーパーで「山崎」「日糧」、地元の「ロバパン」なんかの定番も購入しますが、デパ地下の専門店で買ってくることが多いですね。なんか「ふっくら感」が違うというか。2,3日おいていてもトーストしたときに体積が小さくならない。この厚みが薄くならないというのがとても重要。私の場合、一枚しか食べないんですが、半分に切って切り口を中心にそって開くのです。手袋状態。財布状態。で、表面には薄くバターを塗って、ここにカナダ産のメープルシロップを流します。シロップは中心部の生地に染みこむので、表面のカリカリ感は残っています。ハチミツと違って粘度が小さいので表面に塗ると端から脱走して滴れるので指が、手が。この他にハチミツを入れたり、イチゴジャムを入れることもあります。そういうわけで厚めの5枚切りというわけです。この他にカフェオレ、野菜ジュース、ヨーグルト、バナナ半分てなところですかね。タンパク質がないなぁ。パンは「ジョアン」「ドンク」「ヴィド・フランス」「どんぐり」のサイクルで買っています。また飽きたらフランスパンに戻そうっと。Img_4703

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

■チャオチャオ餃子■ -Gourmet-

今日も風邪二日目です。Niftyの占いでは「自覚のないうちに溜まった疲れで体が悲鳴をあげそうに。」って出ていて、これかなって思っています。少し楽しいことをして、美味しいものを食べてストレス発散させなくては。美味しい物と言えば、多少B級グルメですが先日「ひとくち餃子:チャオチャオ餃子—時計台店」に行ってきました。お昼に何処に行こうか迷っていたのですが、以前から気になっていたお店に入ってみることにしました。メニューを見せられましたが何にして良いか迷ったので、お奨めのミニ餃子に唐揚げがついたランチメニューを注文しました。ご飯と味噌汁、お通しが付いて700円を切っていました。ちなみに北海道では鶏の唐揚げをなぜか「ザンギ」と呼ぶので、メニューにその表記がなかったのが本州チェーン店らしいなぁと思いました。直ぐ出てくるのかと思ったら他店より時間をかけてテーブルに運ばれてきました。餃子は食べやすく、ザンギは揚げたてでジューシー。一般の安価なランチメニューの常識を打ち破っていて驚きました。で、なぜか山盛りのご飯がおいしい。写真は意外に取れませんでした。数人の若い子が一生懸命真剣にやっていてシャッター押せる雰囲気が無かったのです。安い、美味い、満腹の3拍子なのでまた行きたいと思っています。Dsc02753

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧